虫歯治療

treat1

歯は食べ物がはじめて出会う消化器です。
歯を失うと体全体に大きな影響を及ぼすことがあります。
さらに虫歯菌が出す毒素が血液の中に入り、全身をめぐり様々な病気に影響を与えることが最近の研究で分かっています。

・誤嚥性肺炎
・糖尿病
・肥満
・動脈硬化
・認知症

虫歯の原因

虫歯とは口の中の細菌(ミュータンス菌)が歯を溶かしてしまうことを言います。虫歯は口の中に残っている食べ物の残りカスを分解し、デキストランという成分を作ります。デキストランによって形成された歯垢(プラーク)が歯の表面に積み重なっていきます。そして歯垢(プラーク)から出てくる酸によって歯が溶けて虫歯になってしまいます。

虫歯治療と予防

初期の虫歯治療では、歯をあまり削らず詰め物をする治療で勧めていきます。詰め物というと一般的には金属の詰め物を使用しますが、金属の詰め物ですとお口を開いた時に中の金属が見えてしまう事に抵抗を感じる方や、金属アレルギーの方もいらっしゃいます。
当院でお薦めしているのは白い詰め物です。
お口を開いた時に金属の色が見えることがありませんので自信をもって笑顔で会話を楽しむことができます。
治療後にとても大切なのは術後のケアです。虫歯を治療することができても、それらが原因で溶けてしまった歯やあごの骨は元に戻すことはできません。ですから、これから最も重要になってくるのが予防です。

健康な歯をいつまでも保つためには定期検診を受けるようにしましょう。

歯周病治療

歯周病は日本の成人が歯を失う原因としてもっとも多い病気です。初期段階では自覚症状に乏しいため、気が付いた時にはかなり進行していたというケースが多く見られます。

当院では重症化した歯周病の治療も行っていますが、そうなってしまう前に予防の大切さを知って頂き、定期的な検診でのチェックをお受け頂くようにお勧めしています。

歯周病の治療は、専用器具を用いて歯の根の表面についた歯垢や歯石を除去します。また重度に進行している場合は、外科的な治療を行うこともあります。歯の根の表面に付いた歯垢や歯石とともに感染した歯肉を除去する手術、失った骨を再生する手術など、患者さんの状態に合わせて行います。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケットが4~5mmの場合に行う治療法です。麻酔をして歯の根の表面に付いた歯垢や歯石とともに感染した歯肉を除去します。

フラップ手術

歯周ポケットがかなり深い場合(5mm以上)に行う治療法です。麻酔をして歯肉を切開し、歯の根の表面に付いた歯垢や歯石とともに感染した顎の骨や歯肉を除去します。

periodontal

審美歯科

sinbi

審美歯科とは、従来のむし歯や歯周病の治療など、基本的な歯科で行っている治療に「美しさ」という視点をプラスした治療です。
歯の色や形、歯並びを修正して、より美しく、自然感を与えるために行われ、その結果、美しく健康的な笑顔を作り、食事を楽しみ、家族やお友達との会話を楽しめるようになって、自分に自信を持てるようになります。

より人生を豊かにしていきましょう。

セラミック修復

虫歯治療の銀歯や金属の詰め物が気になる方に、セラミックを使用して白くて美しい歯にすることができます。金属の詰め物やかぶせものは歯ぐきを黒っぽく見せてしまうことがあります。

これは、金属がイオン化して溶け出したり、金属の歯と歯ぐきの境目から金属が見えてきてしまうものです。

また、使用した金属が原因で、アレルギー症状が引き起こされたり、金属による電位差で食べかすや歯垢(プラーク)が付着しやすくなり、口臭の原因になる場合もあります。

セラミックは硬くて丈夫で、長く使用しても変色することがありません。金属アレルギーに悩まされることもありません。
白くて美しい健康的な歯を回復したいとお考えの場合には、セラミックでの治療をお勧めいたします。

歯のクリーニング

歯に付着する汚れは、食べかすや歯垢をはじめ、茶しぶや煙草のヤニ、ワインなど様々です。このうち食べかすや歯垢は歯磨きにより取ることができますが、その他はな かなかセルフケアでは取れず気がつかないうちに歯を汚してしまいます。
歯が汚れたらクリーニング、元の歯の色を取り戻しましょう。

小児歯科

『歯医者さんは怖い』
『歯医者さんは痛い』

というイメージを抱いている子供は多く、歯医者さんに行くのを嫌がる子も少なくありません。その原因は、むし歯になってから歯科医院へ行き、治療によって痛い経験をしてしまうからです。反対にむし歯にならなければ、痛い思いもしなくて済むのです。小さな頃から予防をすることが、歯を守るためには大切なのです。

そこで、当院ではお子さんが笑顔で通って頂けるように、スタッフ全員で、楽しくむし歯の治療や予防ができるように取り組んでおります。
当院に通っている子たちはみんな笑顔です!

little_girl_2

親知らず

wisdom1
wisdom2
wisdom3

「親知らず(親不知・おやしらず)」とは、「第三大臼歯」とも呼ばれます。親知らずは奥歯の更に奥に生えてきます。
ヒトの歯はだいたい12歳くらいまでに親知らずを除いた28本の永久歯が生え揃います。しかし親知らずは、18歳~22歳頃に生えてくることが多いようです。人によっては、30歳や40歳以降に生えることもあります。

このように親知らず(第三大臼歯)だけが他の歯に比べて生えるのが遅く、子どもが大きくなって親が知らないころになってからやっと生える、というのが親知らずの名前の由来だと言われています。知恵がついてからはえるという意味で『智歯(ちし)』とも呼ばれています。

親知らずの生え方によっては歯磨きをきちんとすることが不可能な場合があります。この場合、将来的にむし歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高くなります。

しかも、その場合には大事な手前の歯(第二大臼歯)も巻き込んでしまうので、周りの歯に影響が出る前に抜いてしまう訳です。

親知らずが骨の中に完全に埋まっている場合でも、腫瘍や嚢胞(のうほう)の原因となってしまうことがあります。このような場合には親知らずを抜かなくてはなりません。

また、親知らずが生えてくることによって歯ならびが悪くなってしまうこともあり、歯ならびが崩れてしまうのを防ぐために早期に親知らずを抜いておくことがあります。

親知らずを抜いたほうがよい場合

・歯ならびが悪くなってしまいそうな場合
・横向きや斜めなどに生えてきてしまった場合
・中途半端な生え方で止まってしまっている場合
・骨の中に埋まっているけれど、今後問題になりそうな場合

親知らずを抜かなくてもいい場合

・歯みがきの際も特に問題がない場合
・骨の中に完全に埋まっていて特に問題がない場合
・特に悪影響を及ぼすことがなさそうだと判断された場合

親知らずを抜かずに取っておくと、将来、歯が抜けてしまった場合、ブリッジの土台や歯の移植に使えることがあります。親知らずが生えてきた方、これまで抜いていなかった親知らずが問題ないかどうかは、ご相談ください。

親知らず(智歯)の抜歯と言っても、外来通院で簡単に抜歯出来るものから外科的な処置が必要な場合など、生え方により抜歯の方法もさまざまです。当院では、一般的な開業医では困難な難易度の高い抜歯を専門に行っております。

歯根端切除術

歯根端切除術(しこんたんせつじょじゅつ)とは、歯根の先に膿の袋ができて歯肉が腫脹したり疼痛を発現した歯に対し、通常の根管治療が困難な場合に適応になります。
嚢胞(のうほう)を取る手術(嚢胞摘出術)と感染した歯根の除去(歯根端切除術)を同時に行います。

術式

膿の袋のある歯の根尖付近の粘膜を切開・剥離し、骨を削除して根尖病巣に到達します。根尖病巣を鋭匙(えいひ)などで取り除き、歯の根尖部を切断・除去します。
次に、切断面の露出した根管内をきれいに掻爬(そうは)し、根管充填します。
最後に、粘膜を縫合して手術を終了します。

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使った歯根端切除術

マイクロスコープを使って高倍率でライトで照らしながらおこなうことで、病気の原因である細菌感染を見落とさずに取り除くことができます。根っこの先端をカットし、細菌を染めだし染まるところを取り除きます。そして密封できる素材で根の先端を塞ぎます。
マイクロスコープを使った歯根端切除術はどこの歯科医院でもうけられる治療法ではありません。
細菌感染が原因で病気ができているので、嚢胞や肉芽腫といわれる病気の部分を取るだけでは感染源を残したままになります。肉眼で根の先端の汚染を観察することは非常に難しいのです。
肉眼での手術法は成功率が低いと報告されています。