セラミック治療

crmc2

歯が白く綺麗になれば、それで満足という方も多いことと思います。しかし、歯を白くする事だけで美しいと言えるでしょうか?
当クリニックでは歯の持つ本来の役割、機能が十分に発揮される『機能美』を併せ持ってこそ歯科における審美であると考えます。
歯の機能を回復する治療はすべて審美歯科の範疇なのです。 言い換えると総合的な歯科医療であるということです。
単に歯を白くすることだけではなく、美しい歯並びやバランスのとれた歯肉などを含めた口腔内全体のトータル的な環境づくりを行い、そのひと本来の健康的で美しい笑顔を手に入れて頂くことを目的としています。
歯を白くすると同時に美しく機能する健全な口腔環境を取り戻し、 患者様がより質の高い生活をおくるお手伝いができたら幸いです。

セラミック治療の種類

セラミック

一般の歯医者さんでもセラミックを取り扱うところが増えてきましたが、メタルボンドと呼ばれる金属を使用したセラミックの歯を使用する歯医者さんが多い中で、当クリニックは金属をいっさい使用しないオールセラミックにこだわっています。
色味に透明感があり、長期間使用しても変色せずいつまでも美しく、健康的な歯に近い白色をしているセラミックを使って歯の詰め物や被せ物を作製しています。
セラミックは金属アレルギーの心配がなく、経年劣化もしにくい素材ですが、保険診療外になります。

crt1
crt2
ジルコニアフレーム

セラミックの中でもとりわけ丈夫で耐久性が高いジルコニアをフレームに使い、その上に審美性に優れるセラミックを塗りつけた被せ物です。
ジルコニア単体でも被せ物は作れますが、セラミックを盛ることで硬さを調整し、見た目にも透明感のある美しい被せ物を作ることができます。※保険診療外になります。

治療の種類

単冠治療
【前歯】
硬質レジン前装冠[保険適応]

金属冠の、前から見える部分にプラスチックを貼りつけて作ります。
プラスチックは、多孔性で水分・唾液を吸収しますので、変色をおこしやすい欠点があります。

ハイブリッドセラミックス[保険外]

従来のプラスチックの欠点である水分の吸収や摩耗を改善しています。 適度な柔らかさをもっているため、使う場所によっては有効です。見た目にもセラミックに近い美しさがあります。

セラミック[保険外]

プラスチックのかわりに、セラミックを使用します。
見た目に一番自然の歯に近く、歯先に透明感があり、変色もしません。金属を用いず、すべてセラミックで作るクラウンもあります。

【臼歯(奥歯)】
金銀パラジウム合金[保険適応]

銀色の金属冠です。

ゴールド[保険外]

金は薄く延ばすことができますので、歯とよくなじみ適合性も良いため、むし歯が再発しにくいと言われています。

ハイブリッドセラミックス[保険外]

従来のプラスチックの欠点である水分の吸収や摩耗を改善しています。
適度な柔らかさをもっているため、使う場所によっては有効です。見た目にもセラミックに近い美しさがあります。

セラミック[保険外]

見た目に一番自然の歯に近く、透明感もあり、変色もしません。金属を用いず、すべてセラミックで作るクラウンもあります。摩耗などは起きませんが、硬すぎるため臼歯には向かない場合もあります。

ブリッジ治療

抜歯などにより歯が無くなった場合に、その両隣の残った歯を削って土台にして、人工の歯で橋を架けるような形にした「かぶせ物」です。歯科用セメントで接着して固定するので、取り外しは出来ません。
ただし、抜けた歯の数が多くなると土台になる歯で支えきれなくなるため、ブリッジではなく、取り外しのできる「部分入れ歯」が適用されます。
土台になる歯がむし歯になっていても、歯の根(歯根)がしっかりしていれば、歯根に土台(金属や合成樹脂などで製作します)をたてて、ブリッジを入れることができます。
ブリッジの長所は取り外しがないため、違和感が少なく、治療自体はシンプルである事です。
ブリッジの短所は支持として用いる歯は削る必要がある事と力学的に負担がかかる事です。
そのためブリッジ成功の鍵はブリッジの設計とブリッジを支持する歯の診断です。設計に無理がなければ、ブリッジ治療は長期に維持できる予知性高い治療法です。

Bridge_Zirc1