原歯科医院便り Vol.357
blogtop1

おはようございます。今朝は曇っていて、すっきりしない天気ですね。本日院長は出張のため、終日不在にしております。医院は通常通り診療しております。

今日は何の日?
今日は”温度計の日”ですね。なぜ今日が「温度計の日」なのかというと、1686年5月14日が水銀温度計を発明し、華氏温度目盛り(℉)に名前を残すドイツの物理学者ファーレンハイトの誕生日であることが由来となっています。しかし、5月14日という日付はユリウス暦によるもので、ファーレンハイトの生まれ育った地であるダンツィヒではグレゴリオ暦が採用されていたため、実際には5月24日になるようです。華氏温度はあまり馴染みがないかもしれないものですが、塩化アンモニウムを寒剤として得られる当時人間が作り出せた最低温度を0度、人間の平均温度を96度としたものでした。これを基準にして温度を図ると水が凍る温度は32度であり、みずが沸騰する温度は212度となります。華氏温度はファーレンハイトによって発表されたもので、現在でもアメリカやカナダ、イギリスで使われているそうです。漢字で「華氏」と書くのは、中国語ではファーレンハイトwp「華倫海」と書くため、これをもじって「華氏」と書かれるようになりました。

(出典、参考:雑学.com)

Related Posts

歯のお悩み、まずはこちらから
ご来院予約はお気軽に
WEB診療予約
WEB診療予約